MENU

解体費用の相場が知りたい

人生そう何度も解体工事をするものではありません。
いきなり解体業者に見積もりを依頼し、出てきた数字をそのまま受け取るのではなく、やはり最初にある程度の相場を知っておく必要があります。

解体費用は建物構造の違いによって大きく変わります。
建物の構造は大きく分けて以下の4つに分類されます。

・木造
・鉄筋コンクリート造
・鉄骨造
・プレハブ造

木造や鉄骨造、軽量鉄骨造は建物の構造が比較的シンプルであり、廃材もリサイクルできるものが多いので比較的割安となります。
逆を言えば鉄筋コンクリートは解体が難しく、リサイクルできる廃材も多くないので割高となります。

では一般的な解体工事費用の相場はどうかといいますと、

・木造:坪2.5~4万円前後
・軽量鉄骨造:坪2.5~4.5万円前後
・鉄骨造:坪2.5~4.5万円前後
・鉄筋コンクリート:3~6万円前後

ただし、解体工事の費用は建物の構造だけでなく、解体現場の状況や場所などによって大きく変わってきます。
単純に構造や規模ではないということはご承知おきください。

たとえば、解体現場に面している道路の幅。
解体に使用する重機が入れるか、廃棄物を運搬するトラックが入れるかでも随分と費用に差が出てきます。
そして、解体費用は他にも解体現場の地形的、地理的な条件にも影響されるので建物の大きさと相場を照らし合わせるだけでは、その費用が適切なものかは分からないのです。

また、解体と一口に言っても、工事だけではなく廃物の運搬などもあります。
それぞれの作業を下請けに振る解体業者もいますので、そうなりますと中間マージンが増える分、当然費用もかさむわけです。
このように業者側の内情も解体費用に大きく影響を及ぼします。
ちなみに弊社は工事の全工程を自社だけで請け負えますので、その分、他社よりも価格面では優位に立てる強みがあります。
以上のことから、相場は大切とお話しましたが、あくまでも参考程度です。
実際の解体費用はケースバイケースであり、しっかりとした業者選びもポイントになることがお分かりいただけたかと思います。

この記事の関連記事

解体工事の概算見積もりを一言で表しますと、おおよその見積もりのことです。聞き慣れず見当もつかない解体費用ですから相場を知っておきたいですよね。それがこの概算見積もりというわけです。解体工事の概算見積もりとは、お客様から受け取った情報や資料をもとに、

解体する建物の床面積が80平方メートル(約25坪)を上回る場合、建設リサイクル法に基づいて行政へ提出しなければいけない届出書類が幾つかあります。届け出の際には、以下の書類が必要となります。1.届け出書 こちらは行政庁へ提出する解体工事の届出書です。

実はあまり知られていないのですが、解体工事の費用は建物の解体工事以外の付帯工事で大きく変わってくることがあります。業者と打ち合わせを始める前にある程度の付帯工事に関する知識を持っておかれた方が、適切な見積もりが出しやすくなりますし、工事の進行計画も


最新記事

静岡県浜松市東区半田山5丁目2170-4


© 2022 浜松市の解体工事業者「帝建設」 All rights reserved.