MENU

ホーム > お役立ち情報 > 解体業者の選び方

こんな業者にご注意ください ~解体業者の選び方

1.許認可番号や資格を取得済みか?

解体業者は、建設業、とび・土木業、解体工事業の内、いずれかの登録が必須となっており、業務に必要な資格を取得しておくことが義務付けられています。
また、これらの登録は、施工場所ごとにある所轄の行政区ごとに必要となっています。
弊社は解体工事者登録はもちろんのこと、産業廃棄物収集運搬業の許可においても取得しておりますのでご安心ください。

特に産業廃棄物の処理を違法業者に任せてしまいますと、不法投棄といった重大な犯罪に加担してしまうことにもなりかねません。
解体工事を依頼する際には、まず、その解体業者がどのような資格を持っているかを確認して、許可番号を提示してくれる解体業者に頼むこと。
これが安全な解体業者を選ぶための1つ目のポイントです。

許認可番号 解体工事業者登録
静岡県知事(登-24)第591号
産業廃棄物収集運搬業許可
静岡県第02202171966号
愛知県第02300171966号

2.近隣への配慮は万全か?

解体工事に騒音、埃、粉塵などはつきものです。
しかし、それは工事の当事者であるお客様ご本人は理解していても、近隣の住人にとってみれば正直なところ歓迎されるものではありません。
中には大きなトラブルとなるケースも珍しくないのです。

しかし、工事前にきちんとしたご近所への挨拶、特に隣家の方には工事への理解を求めておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。
解体工事業者を選ぶ際は、こういったご近所への配慮を意識しているかを確認しておいた方が安心です。
弊社は着工前のご近所への配慮を特に意識して行うようにしています。
そのことが工事を円滑に進めていく上で大切なことと理解しているからです。

3. 中間マージンを意識すること

解体工事に掛かる費用は決して安くはありません。
そのため、集客の得意な会社が間に入り、その土地の解体業者と橋渡しするといった紹介業が多数存在します。
よくある一括見積もりサイトですね。
もちろん安く質の高い工事をしてくれれば何ら問題ありません。
しかし、間に別の業者が入るということは、中間マージンが発生することを意味します。
下請けへ振る際の上乗せ分、紹介手数料が純粋に工事に掛かる費用に加わるわけです。
すると、相場より当然高くなります。
お客様にとって本来、払わなくてもよいはずの費用を負担することを意味しています。

また、一括見積もりの場合は『複数社で比較検討すること』が前提となっています。
厳しい相見積もりに勝つために各社こぞって値下げをするでしょう。
自分たちの取り分が減ってでも仕事が欲しいと考える業者もいると思いますが、あまりにも安い受注額でさらに紹介手数料を支払うとなると、お客様の仕事を施工する解体業者の利益はどれほどになるでしょうか?

割りの良くない仕事をさせられている・・
人間ですから、こうした感情を持つこともあるかもしれません。

しかし、それが工事の質の低下やご近所トラブルにつながる危険性は否めないと思います。
私たち帝建設は地元、静岡県の、浜松に根ざす解体業者であり、受注の殆どがリピートや懇意にさせていただいている方からの見返りの無い紹介で占めているので、相見積もりや値引き交渉以前にすでに同業他社よりも安くお請けすることができます。

また、工事に必要な技術、資格、熟練のスタッフたち、設備、機械といった、すべてを保有・手配できるため、工事の全工程を自社で一貫して施工することができます。
そのことが価格、工事の品質、工期の短縮、これらを高いレベルでご提供できることにつながっているのです。

お約束
24h 随時受付のメールお問合せはこちら

24h 随時受付の メールお問合せはこちら
こんな業者に ご注意ください!解体業者の選び方
一般住宅の解体
施設・ビルなどの 大型建物の解体
解体工事の基礎知識
解体工事の流れ
解体工事で必要な 手続き・書類

静岡県浜松市東区半田山5丁目2170-4


© 2019 浜松市の解体工事業者「帝建設」 All rights reserved.