MENU

木造住宅の解体工事費用について

実は、一口に木造住宅といっても色々な種類があり、この種類によっても解体費用が変わってくるってご存知ですか?
古くからある伝統的な日本家屋の大半は、木造軸組工法(または在来工法)と呼ばれる手法で作られています。
これは木材によって柱や梁などの骨組みを作って、その周りに壁を設置していくものです。
こうした木造軸組み工法で作られた住宅は比較的、解体費用は安く、工期も短めに仕上がる場合が多いです。

一方、木造の枠組み周辺に壁で囲って強度を高める工法の中に2×4(ツーバイフォー)工法があります。こちらも一般的にはそれほど難しい工事ではないことが多く、コストも工期も木造軸組み工法の家屋と大差ないことが多いです。
ただ、木造住宅だからといって解体費用が安くあがるとは言い切れません。
住宅の種類以外にも工事がしやすいかどうかも関係してくるからです。
たとえば工事現場までの道が狭いところですと、重機やトラックなどの大型車両が入れず、人力による作業が増えるため解体費用が割高になるケースもあるから注意が必要です。
ですので、解体工事の費用は建物の種類や規模と相場だけではなく、実際に現地を見た上で見積もりを取ることで正確な費用をお知りになるとよいでしょう。

この記事の関連記事

解体工事の概算見積もりを一言で表しますと、おおよその見積もりのことです。聞き慣れず見当もつかない解体費用ですから相場を知っておきたいですよね。それがこの概算見積もりというわけです。解体工事の概算見積もりとは、お客様から受け取った情報や資料をもとに、

木造の解体工事に比べ、解体工事の規模が大きくなるのが鉄骨の建物です。その分、コストも同規模の木造建物と比較すると余分に掛かることが多いですが、鉄をリサイクル資源として売却できる場合もありますので一概にどちらが高い安いと比較できるものではありません。

人生そう何度も解体工事をするものではありません。いきなり解体業者に見積もりを依頼し、出てきた数字をそのまま受け取るのではなく、やはり最初にある程度の相場を知っておく必要があります。解体費用は建物構造の違いによって大きく変わります。建物の構造は大きく


最新記事

静岡県浜松市東区半田山5丁目2170-4


© 2021 浜松市の解体工事業者「帝建設」 All rights reserved.